冷え性は、冬の寒い時期や人によってはエアコンなどのせいで夏の暑い時期でも、血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)により手先や足先などが冷たくなってしまったりする症状です。冷え性から頭痛や腹痛、腰痛、肩こり(実は肩だけでなく、首もこっていることがほとんどです)、肌荒れなんかの不調が起こることもあります。男性よりも女性に多くみられる症状だというのも、冷え性の特徴の一つでしょう。一般的に言われる冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)とは、このように自覚症状があらわれるのですが、このような自覚出来る症状が出ない冷え性があるみたいです。この自覚症状が出ない冷え性のことを「かくれ冷え性」と言います。かくれ冷え性の特徴は、手先や足先は温かく、冷え性でよくみられる症状はこれといって出てこませんが、実は内臓の温度が非常に下がっています。内臓の温度が下がり、それを放置しておくと、内臓の疾患に繋がって体に悪影響をもたらします。内臓の温度が下がっていても、自覚症状が出ないので自分がかくれ冷え性だと気づかず、そのまま放置してしまっている人も多いようです。では、かくれ冷え性であると自覚するには、どのように見分ければいいのでしょうか。顔色が悪いかどうか、肩が異常に凝っている、肌トラブルがひどい、体のむくみがある、胃腸の調子が悪い、寝つきが良くなく充実した睡眠がとれないなど。このような症状が出ていれば、かくれ冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)である可能性があります。また、朝起きた際にお腹や太ももが脇よりも冷たいと感じるのであれば、かくれ冷え性の可能性が高いです。腹部や大腿部というのは、体の中でも熱を発しやすい場所です。健康体であれば常に温かい場所ですから、その部分が冷えているという事は、血行不良を起こしているということになります。隠れ冷え性の症状が現れる場合は、生活習慣を見直し、改善していくようにしてくださいー